Hatena::Grouppokemon

ポケットの中のともだち RSSフィード

2010-07-11

「幻影の覇者ゾロアーク」見てきた

| 21:43

何ヶ月ぶりかの更新は、ポケモン映画の話。

昨日初日の「幻影の覇者ゾロアーク」、昨日の朝一で行ってきました。

ネタバレ満載の感想を書く気満々だが、とりあえずはネタバレにならない範囲から。


まず、今年のゲスト声優陣はよかった。みなさんけっこう上手。例年、1人あるいは何人かは、俳優さんとしてはいいけど、声優としては相当慣れてませんね、って感じのぎこちない人が見受けられるんだが、今年はそういう「やっちゃった」人はいなかったなあ。けっこう驚いたのが、リオカ役の加藤夏希で、かなり声優っぽく聞こえた。声優っぽく、というのは、顔を出さずにそれらしくしゃべりでキャラを作る、という意味で。この人経験者なのか? 特撮とかそっち方面からきた人だというのは聞いたことがあるが。

ゾロア役の人、泣かせる~!と思ったら、この人はプロの声優さんでした。自分は映画を見ている間は気がつかなかったが、ハム太郎の人だとか。


それから、これもネタバレにはならないと思いますが(もう発表済みだよね)、来年の映画は「ベストウィッシュ」シリーズになり、レシラムゼクロムと、なにか初見のかわいいポケモンが出るらしい。今日になってやっと気づいたが、新アニメシリーズのサブタイトル「ベストウィッシュ!」は、イニシャル略称だとBW、つまりブラック&ホワイトの略称と同じになるんだね。当然それを狙ったんでしょうなあ。


以下、ネタバレにて、続きを読む。


ゾロアーク」を見終わってとにかく思ったのが、「もっと見たかった!」。

なんというか、全体に端折った感じがあって、ここ、もうちょっと長く見たい!と思うシーンがささっと短く終わられていて、かといって冗長なシーンはなく、つまり、あれもこれも盛り込みたかったのに時間が足りなくてやむなくいーっぱいカットしてしまった、みたいな感じに仕上がっている感が。


事前の宣伝では、悪役との戦いが(おそらく意図的に)クローズアップされていたが、実のところストーリーのエッセンスは、悪役との戦いがどうこうよりも、基本は「お母さん探し」なのだ。日本人の好きなアレ、「母をたずねて三千里」とか「山椒太夫」とか「みつばちハッチ」とか、アレである。

その「お母さん探し」、もう親子ともども涙腺弱くなるアレなんだが、その部分が、もっとこう、場面としてやってほしかった、見たかった、と思ってしまいます。

もちろんそういう場面はいっぱい出てくるんだけど、なんかその涙腺弱くなりそうにひたりそうになるんだけど、あららっという間に次の場面へ展開してる。

それ以外でも、クルトとサトシたちが捕まってしまい、コーダイの飛行艇に連れ去られたとき、あっさりと解放してもらっちゃったり。ここは展開は見えてるけど、やはりもうちょっと引っ張るなり、すぐに助かるのが見えるようなセリフの伏線をクルト側から張るとかしてほしかったなー。

ラスト近くでも、コーダイが逮捕されて連れて行かれるとき、一瞬だけニヤッと笑うゾロアークのアップが写る。これで、ひどい目にあわされてきたゾロアークの溜飲が下がったことを表現しているのだけど、この場面が本当に一瞬で、えっ?と思うほど短い。なくしてしまうわけにはいかず、しかし長く写すほどの余分時間はない、というジレンマが見える。

実際、もうちょっと各場面を長く見たかったなー、と思った今回の映画でも、実際の上映時間はたっぷり2時間近くとってある。DVD化したり、テレビ放映したり、子どもが見ていられる時間内に抑えたり、ということを考えると、これが限界の長さだろうなぁ、とも思う。つまり、書き込みたい話の濃さ長さに対して、用意できる時間が絶対的に不足していて、いかんともしがたい、という状況なんだろうと思うわけで。

なんか、すごく惜しい、もったいない、と思う場面が多かったのです。もうちょっと長くしていいから、完全版というか決定版が見たいな、と思わせられてしまいました。

ゾロアークが瀕死となって、ゾロアが故郷の草原の幻影を見せる……という場面も、ここぞ、という美しい泣かせ場面なのに。場面が短いために説明不足になるのも残念。あの幻の草原は、瀕死となったゾロアークが故郷を思い出して見せたものなのか。それとも、ゾロアが大切なマァのために、本来なら発揮できないはずの力を出して(進化前なので大きな幻は見せられないという設定のよう)故郷の草原を見せて元気づけたのか。それによって、受け取り方も変わってくるしね。


ところで、ここ数年、主人公格ボケモンが「かわいい系」と「かっこいい系」が交互にきてるポケモン映画。

今年は「かわいい系」の年だよなぁ、と思ってましたら、やはりきましたねかわいい系。

あくポケモンと言いながら、ゾロアはso cuteでした!

声優さんが上手だったこともあるが、これは子連れの中高年女性(笑)にはど真ん中にきますね。ゾロア、かわいすぎるよ……。絵だけではわからないかわいさだ。実際に動いてしゃべるゾロア、やられた。

そして、ゾロアークが「お母さん」だったことも意外だった。実際には血のつながった親ではないんだけど、明らかにあれは母性だよな。公開までゾロアークが「母」であることをしっかり隠してきたプロモ、GJです。声も、聞いてみれば、メスの声なんだよね。

BWではゾロアゾロアークに会えるらしいけど、タマゴつくれるのかなあ。それとも、ギザピチューみたいな特殊キャラになっちゃうのかなあ。


最後に、気になること。

「ベストウィッシュ!」では新主人公登場か?と思われるようなシルエットが公開されているけど、映画の中でのサトシのセリフ「お前(ゾロアたち)の故郷へ絶対いくからなー!」は、もしかしてイッシュ地方でもサトシが登場する伏線なのか?

来年度の映画のPRでも、ポケモンは出ても人間は出ず。この時期、主人公が決定していないはずはないわけだから……まあ、なにか隠したい事情があるってことですよね。うん。

2010-02-15

新ポケモンとな。

| 23:02

no title

うううううーーーーーん。かわいくない。

2010年映画の「幻影の覇者Z」のZはゾロアークのことだったんだね。でも、なんか、なんか、かわいくなぁぁぁぁぁぁい!

まあ、あくタイプのポケモンだし、かわいいデザインにはならないだろうけど、でもでも、進化前のゾロアくらいはもうちょっとかわいくてもいいじゃない? と個人的趣味に走る。

それにしても、だ。なんでポケモンでは犬系はみんなあくタイプなんだろう? ポチエナ系にしろ、デルビル系にしろ、なんか犬型ポケモンは割り食ってる気がするだよなあ。今回のはキツネだけど、形態的には犬系に属する感じだし。企画の人にきっと犬嫌いがいるんだなー。

猫系はニャース系とかエネコ系とか、そこそこ扱いいいのにね。

seiryuwseiryuw2010/07/29 23:51始めまして。新入りです。
ゾロアは私的に可愛いと思うのですが・・・

2009-08-10

やっと見てきた(猛烈ネタバレ)

| 14:14

先週末、やっと懸念になってた*1映画「アルセウス 超克の時空へ」を見てきました。

ネットでのネタバレなしレビューでよく言われていた「3部作全部見てる人はぐっとくるよ」というのがよく分かった。たしかにぐっときますね。逆に、この作品が初ポケモン映画だった子だと、何がなにやらさっぱり????だろうなあ。予習は必須。


内容についてはネタバレ以下に書くので、省略して。

おやっ、と気になったのは、来年(2010年)の映画もサブタイトルは「ダイヤモンド&パール プラチナ」になっていること。テレビ版はどうなるか分からないが、少なくとも映画はDPtで続けるんだね。

そう銘打ってる以上、配布ポケモンを受け取れるソフトがHGSSのみになることはないだろう。もともとHGSSリメイクなので、新伝説ポケモンが追加登場することはないだろうとも思われ。となると、来年の映画のメインポケモンは、たぶん、現状DPtでは入手しづらく、かつ、DPtではイベント配布がされたことがないセレビィあたりか。ただ、セレビィは過去に映画メインになったことがあるので、「ミュウと波導の勇者ルカリオ」のルカリオのような、伝説ではないけど強いポケモンをフィーチャーしてくる可能性もあるかな。

次点で三犬のうち、スイクンライコウエンテイは既に映画メインを張ったことがあるし、ライコウも「ポケットモンスタークリスタル ライコウ雷の伝説」でメイン張ってるので。スイクンは登場はしてるけど、メインはなかったよなあ。

前売り券配布ポケモンは、今回、HGSSでイベントを起こせる「ピカチュウカラーのピチュー」という微妙なポケモンだったので、来年もまあなんでもありな気が。というか、HGSSの現物を見ない限り、予測もなにもできないわな。

少なくとも、ディアルガパルキアギラティナアルセウスの流れは今回の映画で完全に完結しているので、来年には登場しないと思う。勝手に思ってるだけだが。


あと、「超克せよ、時空のさだめを」ってセリフが娘たちの間で小流行しました(笑)


以下、猛烈にネタバレな感想を書く。「続きを読む」以下で。




今回の映画は、3部作の最終作(完結編)としてはすぐれた作品だった。どしょっぱなから、伏線の回収を次々に行っていて、早々に、過去2作で「(人間のような小さな存在は傷つけても気にしない)悪者」「理解できない存在」扱いだったディアルガが、人間と分かり合える優しい存在である、ということが判明する。

これが過去2作から見ている人にとっては重大なことで、以前はなんだか分からないが怖い奴だったディアルガが、この映画では必死に力を尽くして、シーナの求めに応じて世界を助けようとするわけだ。

ディアルガ、お前やっぱりいい奴だったんだ!」とか「話せばわかるじゃん」的な。

他、怒りに燃えたギラティナが前作で自分を救ってくれたサトシを認識して怒りを鎮めるところなども、前作を見ていればこそ「ああ」と思えるシーンで、とにかく過去2作とのつながりが強い。というか、見ていないと、このへんの機敏はぴんとこない。

ということは、これ1作だけについて言うと、ちょっと内容的には薄いともいえる。ストーリーも、あまり起伏がなく、サトシたち主人公らの活躍も他の作品に比べると非常に少ない。ストーリーを運ぶ役がサトシたちではなくシーナとダモスになっている。

逆に、ダモスの描き込みが面白い。現代でのダモスの評価→第1回タイムスリップ直後に目撃するダモスの様子→第2回タイムスリップ後のダモス、という流れにより、だんだんとダモスという人物への印象が変化していき、クライマックスへと進み、そして映画を見終わるとなぜかダモスを好きになっている。そしてアルセウスも。ラストのセリフにビリビリくる。

つまるところ、この映画の主人公はダモスとアルセウスなんだよね。サトシたちは今回はあくまで、歴史の変化を観察する傍観者だったわけだ。そこが腑に落ちると、これはこれとして、楽しめる。声優さんも良くて、違和感がない(と個人的に思ってるだけだけどね。そりゃいろんな意見があろう)。

ただ、そのために、どうしてもサトシたちを中心に映画を見ようとする子どもたちにとっては、ちょっとストーリーの内容を把握するのが難しかったようで。タイムスリップにより後の歴史が変化する、というSF的な設定を飲み込むことも年齢的に少し難しいのだろう。


あと、気がついたのが、今作には「悪者がいない」ということ。

ポケモンも、ディアルガパルキアギラティナとも、ミチーナとそこに住む人々を救うために(なんでそうなったのかよくわかんないが)力を尽くしてアルセウスと戦う。

アルセウスは、騙されて命の一部を奪われる=永遠の命を失う、という状況だから、そりゃ怒り狂って当然だ。

ダモスは、ギシンに裏切られて催眠術をかけられ、操られていただけだった、と判明。

じゃあギシンはというと。ギシンの立場になってみれば、命の宝玉を返す=国の繁栄が終わり自分たちが滅びる、と信じているのだから、それを阻止するために頑張っているわけであって、全然悪者じゃあない。彼からしてみれば、「人のよい長(ダモス)が約束だからというだけで民と国を見放そうとしている。我々に対する裏切りだ」と感じているだろう。そういう「民を裏切る悪い長」を粛清して国を守ろう、という考え方も、ある意味合理的だし良心によるものでもあるわけで。

そういうわけで、今回は、悪者がいないんですよ、全く。みな善かれと思ってやってるわけで。

ポケモンに鞍をつけて使役するのも、ひどいことのように見えるけれど、ただ家畜のように使っているってことだから、この時代の文化としては決してひどいことでもない。虐待的なことをしてるシーンはなかったしね(あったらまずかろうが)。

そういう意味でも、子どもにとっては、分かりにくいストーリーだったかもしれないなあ。大人はわりと納得できる話だったが。


アルセウスは、言葉(テレパシー?)で語り合うこともできるし、地球を救うために力を尽くしたり、命を救われることに対して恩義を感じたり、裏切られることに対して激しい怒りを感じて攻撃したり、極めて人間的といえば人間的な、分かりやすい存在だった。こういうポケモンはやっぱり存在が立ちますな。ミュウツーとか、ルカリオとか、そういう方向性。立たせやすいともいうかな。


あと、小感想。

ギザピチューが想像以上にちっちゃい役だったので、ちょっと拍子抜け(笑) 内容的にはちっちゃい役でいいんだけどさ、プロモーションでのプッシュ度合いがすごかったもんで。

ラストのスタッフロールのところで、前2作に登場した場所や人々のその後がちょっとずつ紹介されるのに、胸を撃ち抜かれる。よかったね、ゼロ……。

しょこたん歌うテーマソング、意外と合っていた。テレビCMでは、激しい戦いの場面などを主に流すので、この癒し系の曲と違和感あるなぁ、と思ってたんだけど、ラストはこれでいいんだねぇ。


結論:3部作最終話として存分に満足できました。◎。

*1:夏休み初週に見に行くはずが、あれやこれやあって、結局見に行けず、その後ずーっと見に行けるチャンスがなかったため、という事情。

azumyazumy2009/08/11 18:32ちょいと事情あって、この上にあったT・伊藤さんのコメントを削除しました。内容は不都合なところのみ編集して以下に再掲載しますので、ご容赦くださいね。
以下再掲載(編集後)
-------------------------------

T・伊藤
>「超克せよ、時空のさだめを」
azumy家はそっちでしたか。娘は「人間どもよ、覚悟しろ!」ですもん。お前何様のつもり? あ、ポケモンですか(^^;
ラストのゼロなんですが・・・あれ、オタクには一番効くクスリですな。社会復帰出来ても普通の大人にはなれそうも無いのが・・・

azumyazumy2009/08/11 18:36>T・伊藤さん
伊藤さんの娘さんはアルセウスなりきりだったんですね。ぜひ愛情一杯で人間どもをスピリチュアルに癒してください。
ゼロの件は、うちの旦那の琴線にも触れたようです。ムゲンさんもよーく分かってらっしゃるなあ。さすが同属ですね。

JucelinoJucelino2013/03/19 17:51All of my questions stleetd-thanks!

lpaolnktvlpaolnktv2013/03/19 23:42ID6YYV <a href="http://jowkzsbikuei.com/">jowkzsbikuei</a>

xvygorqtovxvygorqtov2013/03/23 11:334iRRCj , [url=http://ijloeneaazzx.com/]ijloeneaazzx[/url], [link=http://ghrcpjjqlmma.com/]ghrcpjjqlmma[/link], http://jbkpeoaqqbpb.com/

2009-05-19

前売り券購入

| 12:39

前売り券、家族4人分を購入。これで配布ピチュー4匹分を確保。ROMは5本あるけど、4匹もいれば十分すぎる。

ピチュー配布用パンフレットを読んで、ほうほうと思ったこと。

ピチューの配布の際は、できるだけDSDS Liteを用意してください、DSiでも受け取れるけど長時間かかります、との記載。

そういえば、この手の限定配布のとき、GBAスロットに何か店側の機械をつけてやるんだったっけ。配布分を確実に数数えて配布するため無線が使えないのでそのようにするんだろうけど、DSiでも時間はかかるが配布は可能、ということなので、何か別の手を今年は用意することはできている、というわけなんだろう。

しかし、長時間かかるというのは、なんなんだろ。どうやるんだろう。ちと興味がある。わざとDSi持ってってみようかなw


ちなみに映画館でのアルセウスは問題なしだ。あれは無線で受け取るパターンだからな。入場人数と関係なく、持って行ったROMの数だけ全部受け取れるし。

T・伊藤T・伊藤2009/05/19 20:31あれ、いつのまにDSiが?(笑

azumyazumy2009/05/23 12:05あ、珍しくコメントついてるw
DSi買った話はどこにも書いてなかったっけか? 3月ごろに買いました。mixiあたりで書いた気になってたよ。

2009-03-16

ギザ耳ピチューに関する妄想

| 10:25

先週末に、前売り券配布の「ピカチュウカラーのピチュー」に関する公式発表が各方面で。

no title

ピカチュウカラーのピチュー」とは、ようするに、標準の色違いということだよね? 現時点ではレベル、もちものは不明。公開されている画面スチールではLv30となっているけど、決定かどうかは分からない。昨年のレジギガスのようにLv100だったら、進化はできないということになっちゃうから、今回はもっと低いレベルに設定してくるような気はする。

さらに、ギザみみピチューと何か関係があるらしい!?まだまだスゴいヒミツが隠された「ピカチュウカラーのピチュー」、今後の情報をお楽しみに!

no title

という一文から、さらに妄想をたくましくしてみる。


 【妄想その1】

2009年秋発売予定の金銀リメイク(完全なる妄想です)に送ると、配布ピチューギザピチューのグラフィックになる。

 【妄想その2】

2009年秋発売予定の金銀リメイク(ですから、完全なる妄想です)に送って、そのピチューを手持ちに入れてある場所を訪れると、イベントが起こってギザピチューを入手できる。

 【妄想その3】

2009年秋発売予定の金銀リメイク(だーかーら、完全なる妄想ですってば)では、従来の色違いポケモンのすべて、または一部が同グラの色違いではなく、グラ違いになる。この仕様により、色違いピチューギザピチューになる。


何をしつこく金銀リメイクにこだわっているかという内容だけど、ギザピチューというグラフィックにこだわるならば、プラチナだけならともかく、旧作ダイヤモンド・パールへの配布もあるギザピチューが、ソフト単体で「ギザ耳」的な何かになるとは思えない。となると、なんらかの形で新ROMが必要と思われるよねぇ。

その新ROMを、伏線から金銀リメイクDS版(DSi発売後でダブルスロットのできない本体が増える現在、GBA版での発売は考えにくいかと)と考えているのだけど、そうすると、元がGBソフトだから、おそらくROM容量的にはかなり余裕ができる。しかし、リメイクなら、新種ポケモンは登場しないので、全国図鑑で493種という基本はかわらない。

となると、かなりの数のポケモンに新グラを用意することも可能になるんじゃないかなあ。と思ったりするわけで。

昨年のシェイミギラティナ(ソフトでいえばプラチナ)から始まったフォルムチェンジという試みは、同種のポケモンに対し大きく異なったグラフィックと能力を用意することで、ポケモンの種族数を増やすことなくバリエーション数を増やす、というものだった。それがさらに拡張されて、伝説系だけでなく、一般ポケモンにも適用されていくんじゃないだろうか、というのが目下の妄想。


話はころっと変わるけど、「ギザピチュー」と初めて聞いたときに思い出したのが、シートン動物記の「ギザ耳うさぎ」だったんだよね。

あのギザ耳は、たしか犬に噛まれたかなにかで、耳がギザギザになったんだった。なので、ピチューギザ耳が「ただの癖っ毛です」ってのは、なんか「えーっ、そりゃギザ耳じゃなくてただの天パーじゃん、納得いかねぇ~~~~」って思ってしまいました。ピチューは、ヒードランに耳を噛まれちゃったりしないのですか。

ショウショウ2010/08/25 08:07はぁ?何言っちゃってんの??ギザ耳ピチューの癖っ毛にケチつけてんじゃねーよばーか つか妄想妄想ってうるせーんだよ!もうちっとマシな妄想かけよ御前ほんとばかだなwwwちなみにワタシ(俺)御前の友達ー♪(笑)さーて誰でしょう?♪?♪?♪?♪?♪?♪?♪?♪?♪?ばか♪?♪?♪?♪?